熱海伊豆山土砂災害に伴う義援金について

熱海市では、令和3年7月の大雨により伊豆山で土砂災害が起こりました。 熱海は伊豆大島との定期航路があり、伊豆諸島と交流の深い地域です。 よって、東京諸島会でも熱海伊豆山土砂災害における義援金について掲載させていただきます。 義援金口座に振り込む…

大島空港の愛称が『東京大島かめりあ空港』に決定

公募にて愛称を募っていた大島空港の愛称が『東京大島かめりあ空港』に決定した。 募集期間は令和3年5月28日~6月11日、愛称案は延べ4717件、応募者数は2236人だった。 画像及び情報の出典:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/07/09…

ritokei×まちの社員食堂「島の魚食WEEK」に伊豆諸島の魚が登場

離島経済新聞社は、有人離島専門メディア『ritokei』の「おいしい!たのしい!島の魚食図鑑」特集(2021年5月27日発行)関連企画として、面白法人カヤックが運営する「まちの社員食堂」(鎌倉)とのコラボレーションによるイベント”ritokei×まちの社員食堂「…

熱海伊豆山土砂災害に伴う義援金について

熱海市では、令和3年7月の大雨により伊豆山で土砂災害が起こりました。 熱海は伊豆大島との定期航路があり、伊豆諸島と交流の深い地域です。 よって、東京諸島会でも熱海伊豆山土砂災害における義援金について掲載させていただきます。 義援金口座に振り込む…

伊豆大島にて愛犬と泊まる貸別荘『ASOVILUX(アソビルクス)』が7月7日から提供開始

7月7日、伊豆大島にて犬と泊まれる貸別荘『ASOVILUX(アソビルクス)』が営業を開始した。 『ASOVILUX(アソビルクス)』は愛犬同伴型リゾートホテルを運営する&WANグループ『&WAN九十九里』『ASOVILLA』と同グループで運営している。 間取りは3LDKにオ…

伊豆大島でぶらっとマルシェが開催

7月11日(日)に伊豆大島の農産物直売所「ぶらっとハウス」でマルシェが開催される。 ぶらっとハウスでは通常、伊豆大島産の野菜や花卉類、牛乳・バターなど地域の生産者の農畜産物の販売を行っている。今回の『ぶらっとマルシェ』では、旬の夏野菜の販売や、…

TARO'Sがしんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクトでクラウドファンディングを開始

TARO'Sがしんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクトでクラウドファンディングを開始した。 TARO'Sは伊豆大島で栽培する青唐辛子をベースに調味料や酒肴品などを土産物として製造・販売している。醤油や味噌、青唐辛子と柚子入りイカの塩辛などは大島町の…

海洋環境保全に寄付できるBIGLOBEの新モバイルサービスが開始

ビッグローブ株式会社は、社会貢献やより良い未来を考えるためのきっかけをつくるモバイルサービスブランド「donedone(ドネドネ)」を2021年7月1日より開始。月額2,480円で月間データ通信量50GBを利用できるほか、環境保全や医療支援など利用者自ら支援先を…

青ヶ島製塩事業所の代表が青ヶ島中学留学を募集

株式会社青ヶ島製塩事業所の代表、山田アリサが青ヶ島の中学校を存続させるため、中学生を対象に島留学生を募集している。 現在の青ヶ島中学校の生徒数は2名、2022年に2名が卒業した後1年間は中学生が途絶えてしまい、廃校の危機にある。 島留学期間は2022年…

伊豆大島を舞台にカレー作り「すぱいしーでいず!」がきららフォワードで連載を開始

伊豆大島を舞台に少女たちがカレー作りをする「すぱいしーでいず!」がまんがタイムきららフォワードで連載を開始した。原作は蒼山サグ、作画はきんつば。 【きららフォワード8月号】新連載『すぱいしーでいず!』(原作:蒼山サグ/作画:きんつば)同じ日…

八丈島乳業がしんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクトでクラウドファンディングを開始

八丈島乳業がしんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクトでクラウドファンディングを開始した。 同社は国立公園内にある自社所有の「ゆーゆー牧場」にて自然放牧で飼育したジャージー牛の生乳を使い、低温殺菌・ノンホモにこだわった牛乳、プリン、ヨーグ…